K's Dental Clinic

お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちらからどうぞ 0532-31-8417 受付時間9:00~18:30

当院のインプラント治療:当日からすぐ噛める歯に|豊橋のインプラント歯科

当院のインプラント治療

トップページ > 当院のインプラント治療

インプラント治療は、専用ルームで行います

特別診療室 インプラント治療では外科手術を伴うため、衛生管理が厳しく求められます。当院では、インプラント治療に関する施術はすべて専用ルームで行っています。

インプラント埋入手術後、すぐに食事が出来ます

K's Dental Clinicには歯科技工士が常駐しており、いつでも仮歯を作成することが可能です。そのため、インプラント埋入手術の直後から仮歯を装着し、メインとなる人工歯が完成するまでの間も普段通りに食事を楽しむことが可能です。

CTスキャン完備

CT診断装置 当院では、インプラント治療の検査としてCTスキャン撮影をします。通常、CTスキャンを撮影するためには患者さん自身が総合病院へ出向かなければなりませんが、K's Dental ClinicではCTスキャン設備を導入し、当院内で撮影から解析、診断まで行っています。

治療方法について

ソケットリフト

インプラントを埋め込むのに骨の高さが足りない場合に行う処置です。あごの骨の上の部分には「上顎洞」という空洞があります。通常、インプラントは上顎洞下のあごの骨に埋め込みますが、そこの骨が足りない場合に真下から上顎洞を持ち上げて骨を補強し、インプラントを埋め込む手術方法です。

サイナスリフト

ソケットリフトと同じく、インプラントを埋め込むのに骨の高さが足りない場合に行う処置です。上顎洞を持ち上げて、真横からインプラントを埋め込みます。

スプリットクレスト

インプラントを埋め込むのにあごの骨の幅が足りない場合に行う処置です。骨の頂上部にクサビ状の器具を挿入しながら少しずつ骨幅を広げ、骨造成剤を用いて歯槽骨を造成し、インプラントを固定させます。

GBR(骨再生誘導法)

インプラントを埋め込む部位にあごの骨がない場合、歯と歯肉の間をきれいに清掃して、その後、骨を再生したい部分に人工の膜を入れます。膜で覆うことで、骨が回復するまで歯肉が入ってこないように、スペースを確保します。

骨移植

インプラントを埋め込むのにあごの骨が薄い、高さがない場合に行う処置です。「上顎洞」の空洞部分に骨移植をし、インプラントを埋入します。

歯肉移植

インプラントを埋め込むのに、歯肉が少ない場合、歯肉を増やしたい場合に行う処置です。上あごの口蓋から上皮のついた歯肉を切り取り、歯根やインプラントの周りに移植します。

テンポラリーインプラント

テンポラリーインプラントはいわゆる「仮歯」のことで、埋め込まれたインプラントが骨に固定されるまで歯の代わりとなるものです。テンポラリーインプラントを入れることで、インプラント治療を行ったその日から普通に食事をすることが可能です。

サージガイド

現在、インプラント治療は歯が無くなったときの治療法として最もメジャーなものになりつつあります。ただ、実際に歯が入るまでに具体的にどのような手順が踏まれているかをよくご存じでない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ある症例を通して診査・診断から治療の完了までインプラント治療の手順を具体的にご紹介したいと思います。

注意:みなさまに正しい情報をお伝えするために、このページでは歯肉の切開画像など、出血を伴う患部の写真が掲載されています。ご了承いただいたうえでご覧ください。

▲このページのトップへ

COPYRIGHT © 愛知県豊橋市 K's Dental Clinic. ALL RIGHTS RESERVED.